Suisonia

suisoniaだけが辿り着いた適正濃度の水素

地球上でもっとも小さな物質である水素。
エネルギーとしての活用以外にも、大きな可能性や有効性が認められながらも
その小ささと高い反応性から、コントロールすることが非常に難しいことで知られています。
suisoniaは、数年に及ぶ医療機関・大学機関との提携や共同研究で
健康増進や美容保全に効果が期待できる、
水素の新しい可能性を切り開いた製品です。
通常、水素は大気中に0.00005vol%(体積比割合)と、ほとんど含まれていません。
suisoniaで生成する気体には、2.4vol%の水素が含まれています。
これは大気中の約48,000倍にあたります。
この安全な適正濃度の発見とその安定的な生成の実現、そして効率的・効果的な摂取法の選択が
suisoniaだけがたどり着いた新しい「カラダ・メンテナンス」のシステムです。

水素を安定てきに発生させる加熱蒸分解法を採用

suisoniaのメカニズムは複雑です。
適正濃度の水素を含む気体を生成するために、
水素の抽出に一般的な電極を使った電気分解ではなく、
「過熱蒸気分解法」を採用しました。
「過熱蒸気分解法」では、水を加熱して発生させた過熱蒸気を
さらに加熱して水素を分離し、混合気体として
水素の濃度を適正なものにコントロールしています。
すなわち、suisoniaが生成する気体は無味無臭の
吸気として適したものなのです。
この行程を安定的に行うメカニズムは、国際特許として出願しています。

Suisonia導入
ご相談はこちらのフォームからお気軽にどうぞ

メールフォーム